辛い恋愛の原因はインナーチャイルドにある!恋愛トラブル12選とその解決策とは

失恋のイメージ画像
相談者

恋愛相手にはいつも似たような人を選んじゃう。
好きなのに報われないし、辛くなる。

私、恋愛向いてないのかなぁ。
どうしたら、私も普通な恋愛ができるんだろう。

ゆめ

ここでは、そんな悩みについて答えていくよ。

本記事の構成
  • 辛い恋愛の原因“インナーチャイルド”とは何か
  • 傷ついたインナーチャイルドが引き起こす恋愛トラブル
  • 辛い恋愛を終わりにするインナーチャイルドの癒し方
  • 辛い恋愛に効く心理学書籍紹介
この記事の信憑性
ゆめプロフィール
Twitter:@hikarinoshinri


この記事を書いている私は、心理学を学んで8年。


複業で心理学×未来予測ブロガー兼カウンセラーとして活動しています。


私はかつて、アダルトチルドレン(傷ついたインナーチャイルドを抱えた大人)でした。


これまで恋愛で数々のつまづきがありましたが、心理学を通じてインナーチャイルドの存在を知り、自分を癒すことで、報われない辛い恋愛から卒業しました。


現在は、世界一私を大切にしてくれるパートナーと二人暮らし。


支え合い、励まし合う関係を築き、充実した毎日を過ごしています。

目次

辛い恋愛の原因“インナーチャイルド”とは

インナーチャイルドイメージ

まず、結論からお伝えします。


報われない、辛い、我慢ばかりの恋愛。


その原因は「インナーチャイルド」にあります。


インナーチャイルドとは幼少期から思春期までに構築してきたあなたの価値観であり、セルフイメージであり、愛着スタイルのこと。


インナーチャイルドについての詳しい解説は「【インナーチャイルドとは?】3つの原因と日常に与える影響・癒し方を徹底解説」をご覧ください。

親と子の間でつくりあげた愛着スタイルは、その後のあなたの人生の恋愛の設計図になります。


けれど、設計図であるインナーチャイルドが傷ついている時、パートナーとの関係性のなかにその傷が反映され、健全なコミュニケーションが取りづらくなり、関係性に支障をきたしてしまいます。


パートナーを変えても同じパターンを繰り返してしまうのは、あなたの恋愛の設計図に傷があるからなのです。


そのため、報われない恋愛を終わらせるには、まず、インナーチャイルドへの理解と癒しが必要不可欠になります。


辛い恋愛を終わらせるインナーチャイルドの癒し方は以下の通りです。

辛い恋愛を終わらせるインナーチャイルドの癒し方
  1. 自分のインナーチャイルドを見つける
  2. インナーチャイルドの目的を見つけ出す
  3. 本当に欲しいものを自分に与える

それでは、まずはじめにインナーチャイルドが原因で起きる恋愛トラブルについてじっくり見ていきましょう。

傷ついたインナーチャイルドが引き起こす恋愛トラブル

恋愛トラブルのイメージ画像

傷ついたインナーチャイルドが原因で起きる恋愛トラブルは実に様々あります。


恋愛トラブルのほぼ全てにインナーチャイルドが関わっていると言っても過言ではありません。


「見る目がなかった」と思えるような相手でも、実はその相手をあえて選ぶというあなたの恋愛の設計図がそこに反映されているのです。


インナーチャイルドによって描かれるあなたの恋愛の設計図には「あなたと母親」の関係が色濃く反映されています。


子供にとって母親は特別な存在で、母親からの「愛」が途絶えるということは「死」に値するほど恐ろしいことです。


だから、子供は是が非でも母親の愛を獲得していこうとします。


「母親に愛されたい」という欲求は、人の生存本能にもっとも近いものなのかもしれません。


子供が愛をせがまなくても母親からたっぷりと愛をもらえれば、その子は「自分はそのままで愛してもらえる存在だ」と感じ、その後の恋愛の設計図も安心に満ちていきます。


ところが

  • 無視をされる
  • 条件付きでしか愛されない
  • 扱いに兄弟姉妹との格差がある
  • 認めてもらえない

など、母親からの愛が途絶える状況になると、子供は母親からの愛をなんとして得ようと、知恵を絞っていきます。


そこで覚えた子供なりの知恵、例えば「いい子を演じる」ことや逆に「癇癪を起こして注目を集めること」などが、その後のその子供の恋愛にそのまま引き継がれていってしまうのです。


恋する相手に対して、母親との関係の中で学んだパターンが発動していきます。


それが「恋愛トラブル」なのです。


インナーチャイルドが傷ついた子供の恋愛は辛く、報われません。


それでは、まずトラブルを一つひとつを具体的に見ていきましょう。

トラブル1:好きな人に尽くしすぎる

このパターンは子供が「いい子」を演じ、「愛を与えることでしかもらえない」という傷ついたインナーチャイルドを抱えている時に発動します。


幼少期に、愛は当たり前にあるものではなく頑張ってもらえる「ご褒美」だった場合、その子は相手に甲斐甲斐しくつくし、その褒美として相手からの愛をもらおうとしてしまうのです。


けれどこのパターンに陥ると、まず相手との関係性がイーブンではなくなり、相手優位の状態になります。


そして悲しいことに、相手からすると自分に自信がなく、愛をもらうために尽くしているあなたに次第に心が冷めていってしまうのです。


そのため、尽くしても尽くしても相手からの愛はなかなかやってこず、そればかりか、これだけ尽くしたのにあっさりフラれるということもよくあります。

トラブル2:好きな人に大切にされない

落ち込む男性イメージ画像

「好きなのはこっちばかり。好きな人に大切にしてもらえない」


恋愛は相性やフィーリングがあるため、このパターンの全てがインナーチャイルドが傷ついていることで起きているわけではありませんが、インナーチャイルドが傷ついている場合はそもそも「自分を大切にしてくれない相手」を好きになっている場合があります。


これは、母親があなたを大切にしてくれなかったため、あなたの中に「大切にされる」という感覚が乏しいためです。


だから、パッと勢いで人を好きになるものの、そこに「自分を大切にしてくれる」という視点が抜けているため、フィーリングが合わない、あなたを大切にしない相手であるということが見抜けないのです。


母親からの愛が満たされてきた人は、「自分を大切にしてくれるから」という理由で好きになることが多くあります。


母親との関係が良好だった人の恋愛は、その点でも実りやすく、そもそも自分を大切にしない相手は恋愛対象にしていないという傾向があります。

トラブル3:自信がなくお伺いを立ててしまう

自信とは、何かが「できる」から、人より「優れている」からという条件によって生み出されるものではなくて、そもそも自分の存在には「価値がある」という自分の等身大の価値を信じていることを指します。


けれど、インナーチャイルドが傷ついている人の多くは自信がありません。


それは、ありのままで愛されていきた経験が乏しいからです。


自信がないと、相手の前で堂々と振る舞うことができず、相手に「これをやってもいいでしょうか」「ここにいてもいいでしょうか」と逐一お伺いを立ててしまいます。


怯えたような態度にもなりやすく、それを続けることで自然と相手と上下の関係になっていってしまい、怯えれば怯えるほど、相手からぞんざいに扱われるという悪循環に陥ってしまいます。

1 2 3
失恋のイメージ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

豊かさをシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる