【テイカーとは付き合うな】引き寄せやすいタイプとは?|3つの対処法あり

相談者

テイカーとは付き合わない方がいいと聞くけど、付き合うとどんなことが起きてしまうのかな?

テイカーに引き寄せてしまった時の対処法はあるの?

ゆめ

テイカーと付き合うと、WIN-WINの関係を築くことができないばかりか、あなたがLOSEをつかまされ続けてしまうよ。

あなたのために極力テイカーとは付き合わない方がいいんだ。

この記事では、テイカーと付き合うとどうなってしまうのか。

そして、引き寄せてしまった時の具体的な対処法をお伝えするよ。

この記事の内容
  • テイカーと付き合うと奪われるもの3つ
  • テイカーを引き寄せやすいタイプ
  • テイカーを引き寄せてしまった時の対策3つ
この記事の信憑性
ゆめプロフィール
Twitter:@hikarinoshinri

この記事を書くのは心理学×未来予測ブロガーのゆめです。


過去に出会ったテイカーとの体験談も踏まえ、解説していきます。

本記事は、組織心理学者アダム・グラントの書籍「GIVE & TAKE」の知識を元に構成しています。


ギバー・テイカー・マッチャーという考え方は、「信用時代」と呼ばれる現代に欠かせない考え方になりますので、気になる方は手に取ってみてください。

目次

テイカーとは

テイカーのイメージ画像

テイカーとは一言でいうと「真っ先に自分の利益を優先させる人」のことです。


アダム・グラントが提唱した人間の3つのタイプの一つで、もっとも我欲が強く、人から与えてもらうこと・奪うことを行動理念としています。


テイカーは食うか食われるかのゼロサムゲームの中で人生を生きています。


ゆえに、人より「上に行こう」「相手を蹴落とそう」という思考が働いてしまうのです。


アダム・グラントが唱えた、人間のタイプはテイカーのほかにも、ギバー・マッチャーがあります。

テイカー以外の2タイプ

【ギバー】

人に惜しみなく与える人。

自己犠牲的な与え方をしてしまう【自己犠牲型】と、他者とWIN-WINの関係を築くことができる【他者思考型】に分けられます。


【マッチャー】

損得のバランスを考える人(ギバーとテイカーの中間)

3タイプのより詳しい解説は「【ギバー、テイカー、マッチャー】3タイプを徹底解説|成功者になるのは誰?」も参照ください。

テイカーと付き合うと奪われるもの3つ

テイカーに奪われ、落ち込む女性のイメージ

テイカーは世の中に安心感を覚えられず、競争で人の上に立つこと、人を蹴落とすことで幸せを勝ち得ると思っています。


そのため、深く付き合うとどうしてもこちらが「負け」をつかまされる状況に持ち込まれてしまいます。


テイカーと付き合うと奪われるものは次の3つ。

  1. 利益
  2. 時間
  3. 真心

それでは、それぞれを深く見ていきましょう。

テイカーに奪われるもの1:利益

テイカーは与えるよりも、多くを受け取ろうと行動をする人たちです。


そのため、テイカーと付き合いが深くなるほど、あなたの利益は相手に搾取をされることになってしまいます。


利益とは、何もお金だけではありません。


あなたの知り得る情報・人脈、またあなたの能力など多岐に渡ります。


奪われる一方なので、あなたの損益がかさむだけでなく、心労にも繋がり、仕事のパフォーマンスも下がってしまいます。


テイカーから直接、奪われるものだけでなく、間接的な影響も大きいのです。

テイカーに奪われるもの2:時間

時に、時間はお金よりも大切なものです。


相手の目線に立てるギバーやマッチャーであれば、人にお願いをする時、相手が受け取りやすいか、相手の時間を奪わないかを考慮していきますが、テイカーはそうではありません。


相手の立場を考えず、自分をいかにアピールできるか、自分が得ができるかという視点でものを押し付けたり、お願いをしてくることがあります。


そこに付き合うほど、あなたの時間が奪われ、あなたの生産性が削がれることになってしまいます。


テイカーには特有の「レック」と呼ばれる行動があります。

レック

動物社会の中で、オスがメスに自分が優れていることを示す求愛行動のこと。


転じて、「他者より自分が優れていることを示そうとする行動」のことを示す。

レックをするクジャクのイメージ

このレックが強いということは、自分視点が特に強いということ。


そのため、自己本位な姿勢になり、考慮に欠けるお願いの仕方に繋がってしまうのです。


テイカーのお願いを受けるほど、あなたの時間は無尽蔵に奪われてしまいます。

テイカーに奪われるもの3:真心

テイカーは「奪うか奪われるか」の世界に生きています。


結果、与えることがあなたの好意であったとしてもいつしか「奪われる」状態になり、あなた自身の気持ちが擦り減っていってしまいます。


この奪われることが続き、気持ちが燃え尽きる状態をバーンアウト(燃え尽き症候群)と言います。


与えて与えて、けれど気持ちが通じ合えないとなると、あなた側が先にバーンアウトに陥ってしまいます。


バーンアウトする前にどこかで区切りをつける必要があります。

テイカーを引き寄せやすいタイプ

テイカーがつきまとってくるイメージ画像

どんなタイプがテイカーを引き寄せやすいのでしょうか?


実はこれは明確で、「自分をすり減らしてまで与えがちな人」です。


冒頭で紹介したタイプでいうと「自己犠牲型ギバー」になります。


マッチャーは損得の利益のバランスを取ろうとするタイプで、テイカーが奪いにくるとしっぺ返しをする性質があります。


「目には目を、歯には歯を」という理念で動くのがマッチャーです。


このマッチャーとテイカーの相性はあまりよくありません。


なぜなら、テイカーはマッチャーから搾取をし続けられないので、テイカーも居心地が悪くなってしまうのです。


自己利益と他者利益の双方に関心が強い、リッチな他者思考型ギバーにもテイカーは近寄り切れません。


他者思考型ギバーは与える豊かさを知っている人ですが、自己利益にも興味関心が強いため、奪われると分かるとテイカーから身を引きます。


残るのが、自分を犠牲にしてまで与えてしまう「自己犠牲型ギバー」。


自己犠牲型ギバーとテイカーの相性はテイカーにとっては居心地がよいものの、自己犠牲型ギバーにとっては最悪です。


自分の利益・時間・真心が奪われる一方であなたには少ししか与えられていかないのですから。


次のランキングは、人の成功のしやすさをタイプ別に表したものですが、自己犠牲型ギバーは最下位です。

ギバー、テイカー、マッチャーの成功のしやすさ

1位:他者思考型ギバー

2位:マッチャー

3位:テイカー

4位:自己犠牲型ギバー

テイカーが自己犠牲型ギバーから搾取するため、この順位になってしまうのです。


自己犠牲型ギバーはテイカーに近寄られることで、自身の成功を逃してしまっています。

1 2 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

豊かさをシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる